emi's room

Release hallucination emiのあれとかこれとか

© emi's room All rights reserved.

201612/7

Synesthetic metaphor

 

現Release hallucinationのボーカル、emi(PHANTAS-MAGORIA)が2009年にリリースした初のソロ作品。 豪華作曲家陣を招き、様々なジャンルを網羅したボーカルアルバム。全12曲を収録。
―揺らめく赤 凍てつく青 それらは幻に過ぎないのだろうか・・・ 貴方はこの音に何が見えますか―

【特設サイト】:Synesthetic metaphor
【試聴動画】 :ニコニコ動画
【取扱い店舗】:AKIBA-HOBBY
【Digital版】   :Band Camp

Synesthetic metaphor/PHANTAS-MAOGIRAについて
2009年にリリースした、私emiの1stソロAlbumです。
Synesthetic metaphorとは共感覚比喩という意味です。
(共感覚とは一部の人に見られる特殊な知覚現象です。)
とても大雑把に紹介すると「見えない筈のものが見える」「感じる筈がない感覚を感じる」
音という枠組みを超えた感覚を伝えたい、という意味でつけたタイトルで
後にリリースされる「Release hallucination」と意味合い的に対になっています。
活動名兼サークル名、PHANTAS-MAGORIA名義でのリリースです。
ちなみにPHANTAS-MAGORIAの由来は幻灯機を用いた幽霊ショーより。

【作品を手に入れるには】
リリースからだいぶ経ちますが、幸いなことに今でも手にとってくださる方がいらっしゃるので
Release hallucinationでイベントに参加する際は、委託という形で若干枚の持込をしています。
イベントに参加予定がある方はRelease hallucinationのスペースにて購入可能です。
店舗委託はAKIBA-HOBBY様にお願いしています。海外発送も対応していらっしゃいますよ。
Digital版はBand Campにて配信中です。ブックレットPDF&JPEGも同梱。
DL配信が良い方や、送料が気になる海外の方にはBand Campがおすすめです。

上記以外での委託頒布、配信予定は今のところ御座いません。
当初はイベント頒布と同人ショップへの委託のみを予定していた作品です。
時折リクエストをいただくのですが、リリースから時間が経過していること
また多くの方のお力添えがあってリリースしている作品ということもあり難しいと思われます。

【作品紹介】
1曲目『W/Z』は、江藤昇さん(のぼる↑)とのコラボ作品です。
代表作は『鎖の少女』や『白い雪のプリンセスは』など、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
『W/Z』は元々ボイスドラマの主題歌として制作され、後にアルバム収録の許可をいただきました。
ノリがよくストレートにかっこいい楽曲で、1曲目を試聴して手にとって下さる方も多い印象です。
これ以降ものぼるんとは幻奏ストラウスさんの「Clavis」等でご一緒するのですが…それはまた別のお話。

2曲目『MEMORIES』はSHIKIさんとのコラボ作品です。
代表作『SEPIA』などでご存知の方も多いのではないでしょうか。
この曲のタイトルと歌詞にはとても思い入れがあります。
タイトルとしては在り来たりかもしれませんが…一期一会の思い出について書いている作品。
他にも数曲の楽曲提供とアレンジをしていただいております。
これ以前にも様々な作品で歌わせていただいているのですが…それもまた別のお話。

6曲目『Lost Cage』はYUKIさんとのコラボ作品です。
元々YUKIさんは同人イベントでの楽曲発表はなさっていなかったようなのですが
楽曲がとても素敵で突然提供をお願いした、という経緯にも関わらず快く引き受けていただきました。
キャッチーなメロが聴き所、いきなり絶望という言葉で始まる希望の曲です…笑
後に『Lost Cage』はボカロ版が出来まして、ニコニコ動画でも公開されております。

8曲目『空白』はCephem++さんとのコラボ作品。
有名なフラッシュ作品『ぽこたんインしたお』の作曲者でもあるCephem++さん
このアルバム以前からお世話になっており、他にもいくつかの一緒に制作させていただいております。
『空白』も元々ボイスドラマのEDテーマとして制作され、後にアルバム収録の許可をいただいたもの。
重めのバラードは当時とても歌うのが楽しかったジャンルで、ボーカルがとてもいきいきしています…笑

9曲目『Grungelizer』はPolyphonic Branchさんとのコラボ作品。
現在もご自身の楽曲が書籍化されるなど活躍中でご存知の方も多いかと思います。
楽曲がとても素敵で書き下ろしをお願いし歌わせていただいております。
歌詞は書き下ろしていただいた楽曲イメージで「強さとはなにか、正義とはなにか」が主題となっています。Release hallucinationではそれらしい歌詞を書いていますけど、この頃には珍しいテーマでした。

12曲目『Innocent Words』は、後にRelease hallucinationとして
一緒に活動することとなるkaorinが書き下ろしている楽曲です。
10分を超えるプログレッシブメタル大作で、初めて聴かされた時は圧倒されて変な笑いがでました…笑
他にもkaorinさんには私の楽曲をアレンジしていただいていたり、共作していただいたりしております。
『Lierre』は折り重なるボーカルが特徴ですが、Release hallucinationではあまりやらない作風。
『Gothika』はその名の通りゴシックをテーマに創られています。
『Monochrome』は私の曲なのですが、kaorinさんの手でかっこよくリアレンジしていただいてます。
『Winter snow day』は珍しく自分でアレンジしてます。ギターはkaorin氏。
…思えばこんなにポップなkaorinさんの演奏が聴けるのはこの曲くらいかもしれません笑

と、まぁこのように大変盛り沢山な作品となっております。 宜しければお手にとってみてくださいませ。


関連記事

201812/31

2018映画のおはなし。

2018年も残りわずかとなりました。 この企画も3年目、今年も鑑賞した映像作品を感想と共に振り返ります。 大衆受けはしないけど、私が超良…

クリスマス

こんばんは。 クリスマスタイムも残りわずかですが、皆様いかがおすごしでしょうか。 今年はRelease Hallucinationからの…

201812/20

健康な脳をとりもろす。

最近、決断の回数を減らすよう心がけています。 具体的には多少なりとも頑張りが必要なこと、即座に答えが出ないことは、早々に考えるのを止めてい…

201812/5

映画『クリスマス・クロニクル』

今日は師走とは思えないほど暖かい1日でしたが、もう12月なんですよね。 始まったばかりだと思っていた1年がもう終わりに差し掛かろうとしてい…

201812/4

PC内でファイル管理が出来ない理由。

久々の更新ですが皆様いかがおすごしでしょうか。 Blogの存在を忘れていたわけではありませんが、案外Twitterで事足りてしまったり、書…

ページ上部へ戻る